ニュース・イベント

末っ子は宇宙人

こんにちは。由美です。

 

時々「4人育てたのはすごいです。ベテランですね!」と言われます。

ところが、そんなすごいもんではなく、ごくフツーな母さんなのです。

 

小さい時には子どもを連れて仕事をしていた(許される環境だった)ので、仕事はしていても子どもは幼稚園に通っていました。

しかし、4人目は幼稚園ではなく3歳で保育園を選びました。

 

末っ子4番目は、上の3人の子達に通用した子育てのやり方が、ほぼ通用しませんでした。

 

毎日が戦いで、怒鳴ってばかり・・・自己嫌悪の日々です

 

怒鳴られても、親の願い通りに行動する子ではないので、可愛い時もあるけど、疲弊する日々を送っていました。

 

その時に、「子育て」は「個育て」なのだと悟りました。

 

頭ではわかっていたんですよ。でも、この時ようやく体でわかった感じでした。

 

この子を伸ばすには、怒鳴っていては聞く耳持たない。

もうこの頃には、「どうせ、俺のことはわかってもらえない」と息子も決め込んでいるので、どうしたものかと考えました。

 

私は長年、多言語活動をやっていて、いろんな国の人との関わりがありました。

時々、えっ?まさか!と思うことがあっても、[ この人は〇〇人で、文化が違うから仕方がない ]と思えて腹も立たなくなっていました。

 

海外の人は〇〇人だからと許せるのに、なぜ我が子は許せない???

 

「日本人だから」という前提が私にはありました。

これ、常識でしょ?と思うからイライラしていた。だけど、彼には彼の世界観があるのです。

 

ある日、日本人だと思うのはやめて、〇〇人にしよう。

 

地球人・・・いや、近すぎる

宇宙人・・・これで行こう!

 

その日から、私の中で彼は宇宙人として考えられるようになりました。

 

すると!イライラしなくなったんです(笑)

 

想定外のことが起きても、宇宙人だから仕方ないと。

 

私がイライラせず、怒鳴りもせず、行動を認められるゆとりまで生まれ!!

すると、子どもも穏やかになり、会話ができるようになりました。

そして、こちらの考えも伝わるようになる時が増えて!!!!!!

 

もう、驚きの連続!!!!!!!!!

 

 

自分の感じ方も面白かったです。

 

宇宙人には、何事も [通じない] ことが前提なので、

ちょっとの意思疎通ができただけで、とにかく嬉しい♪

 

新たな発見でした。

 

この話をすると、たいていそこにいた誰かが言います。

「旦那に使えそう。」「姑に使えそう。」

 

もし、自分もイライラする人が居るなあと感じたら、やってみてくださいね。

 

結構おすすめです(笑)

 

 

Read more

★クリスマスプレゼントの絵本選びに★

 

音符本好きになってほしい音符

 

ハート絵本を楽しむコツを知りたいハート

 

ぽってり苺知らない絵本に出会いたいぽってり苺

 

 

 

そんなママさんに

毎月「絵本講座」を開催しています!

 

 

12月は

 

いつもの

「本好きの子どもに育てる絵本の読み方・選び方」講座

に加えて

 

「スペシャル絵本会」をやります乙女のトキメキ

 

 

 

 

なにがスペシャルかというと・・・

 

12月ですからね。

 

きらびやかで、おごそかで、楽しみいっぱいの

クリスマスツリークリスマス絵本クリスマスツリー

クリスマスの絵本って、トクベツな本がいっぱいあるの。

素敵ですよね~。

 

 

そしておうちの中で過ごすことの多い冬に役立つ

ハサミ工作絵本ハサミ

センスのいい工作絵本で、感性磨いていきましょう。

 

こちらの2つを特集しちゃいます。

 

ふだんの講座ではなかなかご紹介しにくいので

スペシャルなんですよ。

 

 

キャンセルの発生あり

まだ残席ありますよ。

 

 

今年のクリスマスプレゼントの絵本選びにも

どうぞ!

 

いっしょにキラキラした絵本を眺めつつ、

楽しくおしゃべりしませんか。

 

 

 

詳細やお申込みはこちらになります。

 

本好きの子どもに育てる絵本の読み方・選び方

 

スペシャル絵本会

 

 

埼玉や横浜からもご参加いただいてます。

 

 

 

Read more

震災時には、リビングのアレが凶器になる!?

 

できることから今すぐやろう!

 

 

すぐに何かしたくなる・・・

 

具体的で、超身近な親子防災の時間でした。

 

 

乳幼児ママのママ力UP連続講座 (全4回)

 

第3回目

「わが子と私」のいのちを守る「防災」が終了しました。

 

 

 

具体的かつアカデミックに

家庭でできる防災を教えてくださったのは

 

東京大学大学院土木工学卒業後

地震研究所に在籍していたことのある

数多くの災害現場で活躍中の

中橋徹也さん。

 

 

 

学んで知った一部を紹介。

 

①リビングにあって震災時、凶器に早変わりしてしまう

 意外なものなーんだ?

 

②家の中で大きくて倒れたら怖いけど

 のちのち、役立つものなーんだ?

 

 

 

 

 

①は、実はテーブルなんです。

大人にはお腹の高さですが

子どもにとったら頭の位置に天板がきます。

ガーーーッと動いたら、凶器になってしまうのです。

 

想定外のお話でした。

 

②は冷蔵庫ですね。

 

どちらも、対応策を具体的に教えていただきましたよ。

 

 

 

中橋さんは防災に徹したおうち作りをされていて

かつ

子どもの環境選びも防災の視点を忘れずにいて・・・

 

 

一同驚きを隠せずびっくりびっくりびっくり

 

 

そこまでできなくても、せめてできることを

やろうと参加者さんも、主催者側も決意した1日でした。

 

 

さて、次回最終回は

実際に街を親子で歩きながら

外ではどんなところが危険でどこなら安全なのか

確認・発見していきますよ照れ

 

 

 

ママさんやお子さんたちとも仲良くなってきたので

最終回がさみしい( ;∀;)

 

 

◇お知らせ◇

 

来年2月~3月にかけて

同プログラムの土曜日開催決定しました。

 

詳しくは近日中に発表しますので

いましばらくお待ちくださいね。

 

 

Read more

地域で親子防災 赤ちゃんもわたしも生き抜く! 

 

わたしたちNPO主催で開催中

 

乳幼児ママのための連続講座

 

いよいよ本日回目!!

 

 

 

地域防災 & 親子防災

 

 

 

 

初めてお話伺ったときに

あまりにホンネのリアルでガチな情報に

 

「おーーーーー!」と声をあげてしまったほどの

きれいごとではないキチンとした防災のお話を

してくれるのは

 

本郷いきぬき工房の中橋徹也さん。

 

 

 

赤ちゃんも、ママも助かって生き抜ける防災

 

わたしたちも、再度しっかり勉強してきます。

 

 

 

Read more

赤ちゃん絵本のヒミツ あります!

 

11月のとある日晴れ

 

乳幼児ママのための地域deママ力UP連続講座

第2回目を開催しました~★

 

 

自己紹介にこの写真を使い喜んでいただきました (笑)

tuperatupera展でパンダ銭湯に浸かっている貴重なショット

 

 

会場の千石たまご荘があったか床に

模様替えしてあって……ありがたいビックリマーク

 

 

 

2回目は
「絵本に親しもう」のタイトルで

読書アドバイザーから

 

赤ちゃんにとっての絵本について

・赤ちゃん絵本はトクベツ

・絵本を読むほんとうの意味

をじっくりお話ししました。

 

赤ちゃん絵本って何歳用か

知っていましたか?

 

 

 

 

同じ本でも0歳のときと、2歳のときでは

反応が大きく違うんですよと

実例を交えてお話すると(*''▽'')

 

 

「えーーーー! そうなんですか!」

「あの本どうしたかな?」

「うちはまだまだ楽しめる!」

いろんな声が飛びました。

 

 

 

赤ちゃん絵本って使える時期が短いように

感じてしまいますが、

 

もうこの本はおしまいねとすぐにサヨナラすることなく

せっかくだから、時間をかけて楽しんじゃいましょうラブ

 

 

いままでよりもっと

絵本が好きになってくれたママたち。

 

おうちで楽しい読み聞かせしてるかなと

嬉しい妄想していますおねがい

 

 

次回は親子防災!

元気でお会いしましょう。

Read more

12/6 【スペシャル絵本会】クリスマスだから

ハロウィンが終わって、次はクリスマス!クリスマスツリー

子どもは楽しみにしてますよね~クリスマスベル

あ、大人もですか?

 

 

絵本の世界でも、

クリスマス本ってトクベツに作られたものが

キラ星のごとくありまして・・・サンタ

 

書店も華やぎますよね~ラブ

 

みなさんもひとりひとり

思い出のクリスマス絵本もあるかもしれません。

 

 

 

 

そこで子育てkitchenでも

毎月の絵本講座とは別に特別【スペシャル絵本会】を

企画しました。

 

 

ふだんの絵本講座では扱えない

クリスマスの本や工作系の絵本など

いつもと違う絵本を楽しみたーーーい気持ちなんです。

 

 

いままで絵本講座に来てくださった方も

初めての方も

ワイワイと絵本のおしゃべりしましょ!

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

 

日 時 2017年12月6日 (水) 10:00~11:30

場 所 子育てkitchen白山スタジオ 場所はこちら

参加費 2,000円  

募 集 4名  

場所が限られているので1歳までのお子さんは同席可とさせてください。

申込み こちらからお申込みください

 

●12/6 スペシャル絵本会希望

●何か月の子どもと参加します……などとご記入くださいね。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

どの本を見てもらおうかなと

いまからワクワクしながらお待ちしています!

 

 

Read more

「いますぐできること、あるんですね!」って、その発見が嬉しい

 

ハート子どもの力って、すごい!ブルー音符

 

生後5か月の赤ちゃんママも

2歳児のママも、

子どもの可能性に眼をキラキラ輝かせてました~ハート

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

当法人が春先から計画し助成金も受けて開催した

乳幼児ママの地域deママ力UP連続講座

 (全4回)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

その第1回は、

子どもを「守る」「見守る」とは?を考える時間でした。

 

お話ししたのは、当法人代表・田中由美子

 

 

4児の母にして、2歳の子にも包丁使いを教えられる

スペシャリスト。

 

「子どもって、

言っておくとある日ハッと気づくことがあるんですよ」

 

「やれないんじゃなくて

どうやれるようにするかを考えます」

 

こんないい言葉がビシバシ飛ぶ飛ぶ。

 

 

それを受けて

「じゃあ、ウチの子もできるね!」

「いますぐできること、あるんですね」って

どんどん我がコトにしていくママたち。

 

なんて頼もしい!と

ひそかに感動しておりました。

 

 

 

見守り保育もいい具合で

 

 

 

 

会場は、都心のオアシス?

アットホームなシェアスペース 「千石たまご荘」

 

 

 

今後は

第2回  絵本に親しもう

第3回  「わが子と私」のいのちを守る「防災」

第4回  防災まち歩き つながり交流会

 

2回目以降の参加を若干名のみ受け付け致します。

詳細はホームページよりお問い合わせくださいね。

 

 

NPO子育てkitchenグループ スケジュール
えー、そんなにいい内容なら聞きたかった~という方は
 こちらも同様の内容です。

 「守る」「見守る」ワークショップ生活編 
 12/1(金)10~11時半 親だから育てられる「体験判断力」と「行動力」
 場所は子育てkitchen白山スタジオ
 詳細&お申込みはこちらから
  (年内のみモニター価格)

うちの子はもう年長や小学生という方は

 「守る」「見守る」ワークショップ学習編 
 11/22(水)10~11時半 手離すタイミングをうまく使える人・使えない人 
 詳細&お申込みはこちらから
(年内のみモニター価格)


親子料理教室
 随時受付 ホームページで日程確認してくださいね

本好きの子どもに育てる絵本の読み方・選び方講座
 毎月開催  11月講座は11/11 (土)   満席
 こちらで詳細をご覧ください

子育てカフェ
 子ども連れでぶらりとおしゃべりに来てください
 詳細はこちらでみてね

Read more

いよいよ明日スタート! 地域で子育てするママのために☆

 

明日から 文京区千石の

その名もかわいいシェアスペース「たまご荘」で

乳幼児ママのための連続講座スタートします。

 

 

たくさんのママの声を聴いていて感じるのは

 

具体的な正しい情報や

子育てに必要なスキルは

いまネットでいくらでも情報を得ることができる。

 

 

でも、実際に子育てしてきたママ先輩たちはどうしたのか?

そしていまどうなっているか。

その情報がとっても足りてない。

 

あまりに時代が変わり過ぎて

おばあちゃんじゃ、もう対応できないことばかりになってます。

 

 

しかも、自分と子どもが住んでいる地域では

どんな暮らしが待っているのか

それがわからなくて不安なんです。

 

 

だから、わたしたちは

ただ情報を手渡す講座やスキルを伝えるだでなく

 

いまそこに住んでいるママのための

生きたママ感覚を、

そこで子育てしてきたわたしたちだから伝えられる声を届けたいと

この講座を企画しました。

 

 

きっと、世代間交流 プラス いまのママ同士をつなぐ場にも

なるはずです。

 

どんな形に育っていくのか、4回見守っていきたいと思います。

 

 

明日は寒くなるみたいですけれど

どうぞ暖かくしてお出かけくださいね。

 

お待ちしています。

 

 

Read more

【満席開催】見守ることを考えるワークショップ、気づきがあります!

 

【新ワークショップ】クラッカー

「守る」「見守る」ワークショップ 学習編

ひらめき電球初開催ひらめき電球しました。

 

 

寒くて雨の降る週末でしたが

シェアし、笑い、考え、宣言し

盛り上がりました。

 

 

 

このワークショップ、正式には、

子どもを守るから見守るへシフトする時期は?

~このポイントが学習につながる~

といいます。

(長いですね・・・)

 

 

と、聴くと、こんな疑問が生まれませんか?

 

見守ることが、学習につながる・・・?

どういうこと?

 

 

コレ、なかなかピンとこないかもしれません。

 

 

でも、参加したみなさまは、かなり納得してくだり

大いに盛り上がりました。

 

 

 

 

みなさん、実はなんとなくわかっていたこと、あったと思います。

 

でも見て見ぬふりしてたこと、見逃していたことを

各自、棚卸をしながら、

 

おお、なるほど学習にもつながる

そうだ、さらに「見守る」を加速しよう

 

と決意する

ワークショップになれたようです。

 

 

いっぱい感想をいただきました。

 

◆参加者さまの感想◆(公開OKいただいたものです)

 

 

子どもの育て方に役立つことを得たいし、「守る」と「見守る」の違いタイトルそのものにもひかれて申し込みました。

 

自分には何か子どもとの関わりで問題があると思うけど、それが何か気づきたかった。

 

今まで何度か講座に参加していて、こどもの「やりたい」に対応できるようにはなってきたけど、生活上必要なタスク(身辺の自立など)は、なかなか「やりたい!」とならず、強制的関わりをしていたこ

とに気づきました。

 

口うるさい自覚はあったけど、子どもに「やる」の選択肢しか与えられてないことも問題だと思った。

 

子どものしつけに手だし口出しする親、親が子どものやることをやってしまう人におすすめしたい。

 

子どもの自立を妨げるような親や

年少~小学校低学年ぐらいの親に勧めたい。

 

参加者のみなさんと色々お話できたのがよかった。

 

 

このワークショップ、年内はモニター価格にしています。

 

どうぞ早めにご参加くださいね。

 

 

======================================================

「守る」「見守る」ワークショップ

生活編と学習編があります。

連続講座ではありません。興味のある回にご参加ください

 

【生活編】 

第2回 10/20(金)10~11時半

危険を察知する力は「体験」でしか育たない    

 

第3回 12/1(金)10~11時半 

親だから育てられる「体験判断力」と「行動力」      

*********

【学習編】

第2回 11/22(水)10~11時半    

手離すタイミングをうまく使える人・使えない人  

 

開催場所はすべて 

子育てkitchen白山スタジオ(都営三田線白山駅徒歩1分)

 

詳細・お申込み子育てkitchenホームページからどうぞ

 

 

お待ちしています!

 

 

Read more

守り過ぎはキケン!

 

 

赤ちゃんって生まれたては

ほんとうにちっちゃくて・・・・かぼそくて・・・

びっくりします。

 

こんなにちっちゃくて、だいじょうぶなのかなって

心配になるらくい。

 

 

小さくて、かわいくて、

 

親のわたしが

大事に大事に守って育てなければ!

 

 

そんな気持ちが湧いてきます。

 

 

でも、子どもはだんだん大きくなって

できる事も増えていくんですけれど、

 

 

大人の側の意識はまだ

「かわいい、守りたい。」

 

 

まだまだ守りたい・・・・。

 

守っている意識すらなくなって

そのまま高校生や大学生

もしかしたら30歳にもなったりしてガーン

 

 

 

 

子育てkitchenでは

9月から「守る」「見守る」ワークショップを開催しています。

 

 

 

このワークショップは未来を考えるワークショップです。

 

 

子どもを守り育てていくことが親の仕事と思いこみすぎて

我が子を永遠に「守り過ぎる」と

 

その結果、失敗体験もなく

打たれ弱くチャレンジ力が生まれない・・・

 

 

いつ、どのように

「守る」から少し距離をおいた「見守る」

シフトしたらいいのか。

 

そんな

親子の未来を考えるワークショップです。

 

 

 

NPO代表の田中由美子が生活編を

大久保徳久子が学習編を月替わりで担当します。

 

 

【残席1です】

◆ワークショップ・学習編◆---------------------------------

「守る」から「見守る」へシフトする時期は?

      ~そのポイントが学習につながる

 

【日時】10/14 土曜日 10:00  -  11:30

 

【場所】文京区民センター 4階 A室 

【費用】いまだけモニター価格 2,000円 

    モニターとしてアンケート等にご協力お願いします

【対象】2歳~小学生のお子さんをお持ちの親

    1歳までのお子様は同席可

【申込】子育てkitchenホームページから

 

--------------------------------------------------------

 

 

 

【今後のテーマ】 

どの回も1回完結で、連続講座ではありません。

気になるテーマにご参加ください。

 

 ★ 生活編       第2回 10/20(金)10~11時半    危険を察知する力は「体験」でしか育たない   第3回 12/1(金)10~11時半    親だから育てられる「体験判断力」と「行動力」    ★ 学習編       第2回 11/22(水)10~11時半   (残席2)   手離すタイミングをうまく使える人・使えない人
【講座担当】
生活編 田中由美子

田中は、4人の子育て&青少年育成の現場から

親が「2歳のやりたいも叶える体質になる」ための

親子料理教室を実施している体験を元に生活編を行います。

 

 

学習編 大久保徳久子

 

大久保は、ひとりっこという

ついつい「守ってしまいがち」な環境を

「見守る体質になる」ことで乗り切り

学習もそのほうがラクだったという体験から学習編を行います。

※1歳未満のお子さんの同伴はできます。しっかり聞いていただきたいため、それ以上のお子さんはご自身でお預けになる等の対応をお願いします。

お申し込みはこちらから

Read more