原材料が見える体験シリーズ ~豆からお豆腐作り~

普段から、わりとよく食べるお豆腐。

親子料理教室の食材クイズでは、「おとうふ!」と元気に答えてくれる子どもたち。続けて「これは絹ごしでしょうか?木綿でしょうか?」と聞かれると、きょとん@@・・・

では、原料は何で、どうやって作るのでしょうか?


 大豆を水に浸して、1からお豆腐作りをします。

できたてのお豆腐はふわふわ!
この瞬間しかたべられません。それを食べるのはもちろん、作る過程でできる「おから」も調理して食べますよ。みんなでできたて豆腐+α(すいとん汁・おからサラダ等)をわいわいと楽しみましょう。

【日時】①2022年 6月11日(土)10:15~13:00(2歳~小2親子)
    ②2022年 6月11日(土)14:00~16:30(小1~小6親子) 
    ※小学4年以上はひとり参加も可。試食時に保護者が合流し一緒に食べます。

※調理試食状況により終了時間が15分程度伸びることがあります。
        このプログラムは持ち帰り対応ができません。

【場所】 ツリー・アンド・ツリー本郷真砂内
     文京区本郷4-5-9 ダイアパレス真砂103・104  
     丸ノ内線「本郷三丁目」駅徒歩2分 /都営三田線「春日」駅徒歩6分(上り坂)

【定員】 4組 (定員に満たない場合でも締め切ることがあります。)
    【コロナ感染予防のため、定員を減らすことがあります】

【料金】5,500円  (資料代・材料費・親子各1人食事代・保険代込)
    ※きょうだい参加ご希望の場合
    子ども1人追加 +4,800円( 材料費・子食事代・保険代込)    

【持物】エプロン・手拭きタオル

※このプログラムには包丁使用はありません。
※このプログラムには、週末kitchenのような写真の提供がありません。包丁等危険物の使用時以外は、作業の妨げにならないように各自写真を撮ってもかまいません。

参加者の感想はこちら

◉豆腐を作る工程はなんとなく頭ではわかっていたつもりでしたが、実際の香りの変化や味、食感の変化を楽しみながら作れたことがとても良かったです。豆腐づくりは変化が多くて娘もあきずに参加できていたのが良かったです。(5歳女児・1歳男児母)

◉お豆腐がどのように作られるか、とても勉強になりました。できたての等級や豆腐を味わうことができてよかったです。家でお豆腐づくりは少しハードルが高いですが、おからバーグやおからサラダは家でも挑戦してみたいと思います。(4歳女児母)

◉大豆の形がどんどん変わっていき、最後には最初とは全然違う、想像もしていない形で食べることができて、大変満足しました。思ったより工程がたくさんあって、お豆腐屋さんの苦労がよくわかりました。これからはお豆腐のありがたみを感じて食べたいと思います。おからサラダがとてもおいしかったです!!(4歳男児母)

◉大豆から豆腐になるまでは、私自身よく理解していなかったので、今回1工程ずつ確認しながら出来上がりまで体験できたのは、子どもにとって貴重な経験になったと思います。できあがったものをいろいろな調理方法で食べたことも良かったです。(5歳女児母)

◉豆から豆腐を作ったのは初めてだったのでとても面白かったです。もこもこして見てるだけで楽しかったです。おから料理といえば卯の花と言うイメージでしたが、サラダは意外で、味もとても美味しかったので驚きました。子どももモリモリ食べていたので家でもやってみようと思います。(3歳4か月男児母)

◉豆乳で作るのは見たことがありましたが、大豆からは初めての体験で、あんなにフワフワになるとは!私自身もとても楽しかったです。素材の味、甘さがすごくわかっていい体験でした。新たなおからの魅力を知ることができました!!(3歳6か月男児母)

◉大豆あらどのようにして豆腐がでいるかを親子一緒に経験できたことが嬉しかったです。普段何気なく食べているものの工程を知ることはなかなかできないのでありがとうございました。おからを使ったおいしいお料理をたくさん知ることで我が家の食卓にも生かしたいと思います。しばらくおからブームが訪れそうです。(7歳女児母)