ミッション・理念

わたしたちが大事にすること

子育てkitchenグループのミッション・理念 イメージ図

■「子育て」は「個育て」

あれもこれもできるようになってほしい。それは多くの親の願いかもしれません。しかし、同じ親から生まれ育っても、性格が違えば興味も感じ方も考え方も違います。平均を目指すのではなく、その子どもの興味や好奇心、得意なことを認めていく子育てを大切にしています。

■子どもの好奇心は「期間限定」

高校生になってから「こどもが本を読まない」「将来を考えようとしない」と嘆いても、それは子どもに楽しさを見つける習慣がついていないから。子どもは2歳前後から就学ころまでは好奇心でいっぱい。そのころの親の声かけや環境作りが、子どもの成長に大きく影響します。

■「成長支援」のコミュニティ

子どもたちのチャレンジを促し成長を支援するには、親が子どもの自主性を尊重し認めることが必要です。しかし、日常の忙しさから、子どもの要望を後回しにしてしまいがちなのが、現実です。子どものチャレンジと成長を支えていくには、親だけにとどめず関係性―コミュニティが不可欠とわたしたちは考えています。

私たちのアプローチ

1

すぐに、家庭で実践できる実践・実感
学んだだけ、知っただけでは意味はありません。子育てkitchenクループでは、実践や学びを通して、「ずくにできる」「よくわかった」と体得する・体感する場を提供していきます。

2

先輩パパ・ママや子育て支援者と繋がる相互支援コミュニティ創り

核家族化で母親がひとりで子育てを背負う「孤育て」から脱し、繋がる広がる子育てにシフトするために、プログラムやイベント、メンバーシップ(会員制度)また自ら参画できる機会を用意します。

3

子育て支援起業者及びサポーター育成・輩出される社会基盤を創造

子どものチャレンジの裾野を広げていくために、子育てを支援するメンバーを輩出し、大学・行政・企業等との協働に取り組み、情報発信・ノウハウ提供を推進し、社会に貢献します。

講師・メンバー