Monthly Archives: 2月 2017

誰もが「幸せ」を願っていたはず

k2G(子育てkitchenG)のゆみです。

 

子育てkitchenを3年半やってきて、子育てkitchenに参加したママたちが、

子どもが「やりたい」と言ってきた時に、台所で一緒にやれるようになったら、

「とても楽になった」とか、「今は一緒に台所でご飯を作るのが楽しい」と、本当に嬉しそうな感想が続々届いて、もっとたくさんの人に広げたいって思う。

 

子どもたちも、とてものびのび楽しそう。

 

一方で、少し大きくなると

ちょっとプレッシャーがかかると、親や他人のせいにして逃げてしまう子がいる。

 

そういう家族は、親も子も辛そうに見える.ショボーン

 

 

でも実は親に共通点があるように感じる。

 

子ども同士の喧嘩に親が割り込んで、子どもの代わりに白黒つけちゃったり

子どもが友達との約束を破ったとき、そこは子どもがやるべき「ごめんなさい」という言葉を

子どもが知らないところで親が謝って終わっていたり,

失敗をさせないようにと、親が道を決めて誘導していたり.。

 

 子どもが、実際に体験して培うべき感情や感覚、思いやりなどの力が十分に育っておらず

子ども自身が、自分に自信を持てなくて逃げてしまう。

 

誰も望んでいなかった状況

 

そして、親も子も思い悩んでいる姿は痛々しい

 

スタート時は、ほとんどの親が手探り状態でいる。

 

ちょっと上の子育てをしている先輩が身近にいたら、もっと心強かったと思う。  つづく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

そんな人達が、切なる思いから始めた、ワークショップが

「子育ては20年の大プロジェクト」ワークショップ

 

次回 2月14日

次次回 3月11日 モニター価格は3月までの限定です。

詳しくはこちら。お申し込みお待ちしています(^^)

http://ameblo.jp/kosodate-kitchen/entry-12243876072.html

Read more

どの親も考えている

どの親も、 『子どもの幸せ』 を考えている

 

それは真実

 

そうは思っていても、

忙しくて、時間なんかあっという間に過ぎちゃって、

あっという間に子どもが大きくなって、今更どうにもできなくて・・・って嘆いている母親の姿もたくさん見てきた。

15歳になっても20歳になっても、うちの子何もできなくて心配・・・って話している面々

 

そして、そこまで大きくなると、

子どもからしたら、親から手とり足とり習いたいとは到底思わない。

 

親が、安心して手放せる=子どもへの信頼

 

こういうことなのかもしれない。

 

私が、子どもの泣き顔を見たくないから、工夫して極力一緒にやってきたことが、

結果、自立と信頼に結びついたと思う。

 

だからこそ、子どもが「やりたい!」と思っている、

チャレンジをすることが楽しい時期がチャンス。

 

小さいと思っても、チャンスは『今』なのだと伝えたい。

 

忙しくても一緒にできるように、親の体が慣れて、無理なく日常生活に入れていく。

これがポイントだと思うのです。

Read more

ようやく子育てが終わったのに、どうしてこの仕事を始めた?

こんにちは。子育てkitchenのゆみです。

先日、起業や運営のサポートをしているTさんに聞かれました。

 

「なんで、やっと自分の子4人の子育てが一段落したのに、わざわざ法人格までとって、人のために子育て支援の仕事を始めたの?」

 

たしかに傍から見たら、不思議かも知れない。

 

でもね・・・どうしてもやらなくちゃって思ったのです。

自分の子育てだけじゃなくて、青少年育成に関わってきた20年間で

本当にたくさんの親子に出会って

いろいろ経験してきたからこそ言えることがあるから、それを伝えなきゃって。

 

昨年末に、もっとたくさんの人に伝えたいと思って、目的が同じママたちと、NPO法人子育てkitchenグループを立ち上げました。

 

これから少しずつ書いていくので、読んでもらえたら嬉しいです。

 

そんな人達が、切なる思いから始めた、ワークショップが

「子育ては20年の大プロジェクト」ワークショップ

 

次回 2月14日

次次回 3月11日 モニター価格は3月までの限定です。

詳しくはこちら。お申し込みお待ちしています(^^)

http://ameblo.jp/kosodate-kitchen/entry-12243876072.html


 

Read more

【感想…2】イヤイヤ期に悩むママに教えたい

いまだけモニター価格のワークショップ
第1回
「子育ては20年の大プロジェクト」
 
 
 
 
仮に子育ての期間を成人するまでとすると
20年の大プロジェクトになります!
 
 
お仕事で、20年も任されたら
まず長期計画、中期計画、ゴール設定などをするのが通常です。
もちろん、経費を計算して費用対効果も考えますね。
 
 
周りにはすぐに相談できる上司や先輩もいて、
プロジェクトの進行担当なんかもいて
「遅れてます」なんて指摘していただいたり
 
経理からは「ここを削れませんか?」なんて提案も受けるのです。
 
しかし、子育てにはそれらがありません。
 
見通しすらつけずにいきなり突貫工事のように
スタートしてるわけです。
 
なかには入念な準備計画をされている方もいるかもしれませんが、
たいていはいきなりスタートじゃありませんか?
 
 
 
親子関係の長い道のりを見通しておくことで
いまするべきことがはっきりしてくることを体験してもらっています。
 
 
 
 
誤解ないようにしたいのは、
計算ずくの子育てルートを作りたいわけではありません。
 
 
❖❖❖ このようなことが目的です ❖❖❖
❖子どもの20年の主に心の成長を知ることができます。
❖親子の関係性を成長と共に考えるきっかけになります。
❖見通しがつくことで、子育ての不安・焦りを軽減できます。
❖ベテランママや、同年代ママの別の子育てを知ることができます。
❖いま、なにを子育ての軸にすべきかが見えてきます。
 
 
 
参加者さんの感想パート2です。
 
宝石赤感想宝石赤
改めて、いまを大切に過ごそうと思った。
毎日ダラダラなので、黄金期について思い出しながら過ごしたい。
 
同級生のママ、これから出産する友だちにすすめたい。
(2児のママ)
 
 
1歳でイヤイヤ期を迎えたママ友がいたら、教えたい。
早く知った方がいいと思う。
 
リアル体験が本当におもしろい(笑)いやいやタメになりました。
受験とかのイベントタイミングが異なる中で、必要なアプローチが
聞けると更にいいかも。(4歳女子のママ)
 
 
クローバークローバークローバー
 
 
第2回ワークショップは
ハートフルなバレンタインデーに開催。
いまだけのモニター価格ですよ。
 
 
 
ご参加をお待ちしています!
 
 
第2回子育ては20年の大プロジェクト
日時: 2月14日(火)10:00~11:30 ★今回は平日の午前です
 
場所: 文京区民センター地下一階 フミコム会議室
 
定員: 10名 (8ヶ月までのお子さんは同席できます)
     (条件:アンケートやワークシートのモニターをしていただける方限定)
 
費用: 初回限定 2,000円 ←通常4,500円
 
 
Read more