絵本でゆるっと哲学対話 

絵本を読んで考える「新しい習慣」


最近ひとつのことをじっくり考える時間を持てていますか?

とりあえずと流してしまっていることが、
本当は大切なことかもしれません。

この時間は絵本をみんなで読み、まずは感じたことを話し合い、そこから浮かび上がってきたテーマについて考え対話していきます。あなたの中に、なにかがじっくり育つ感覚を体験してください。


1月は

『かわをむきかけたサトモちゃん』えぐちよしこ 文 織茂恭子 絵 アリス館

本は読んでこなくても、読んできても構いません。その場で、一度みんなで読んでみます。
絵本なので、5分くらいしかかかりません。絵本についての感想を話し、その後テーマを決めてから、対話がスタートします。

ちっともイメージできないという人もいるかもしれませんが、子どもに「よく考えてからやりなさい」なんて言葉をかけている大人は、自分も本当に考えているのか・・・と自問自答したくなる時間になります。
つまり、参加してみれば、すぐに「おお、こんなことか」とわかります。

■参加した方の感想はこんな感じ■

普段、ホンネを話せる場が少ないということが分かりました。
こんなに素直に自分の意見が言えるなんて、本当に嬉しくてありがたい思いがしました。安心感がある空間がとても居心地よかった。

心地よい時間でした。いろいろな意見を聞いて、また自分の考えを深めていく体験を重ねて考える力をつけて行けたら嬉しいです。

初めての体験でしたが、とてもおもしろかったです!! 1つのことをよく考え、言葉にすること、いろいろな意見を聞くことの心地よさを感じる時間でした。

結論やまとめがないので、余韻でずっと楽しめそうです。
ぜひ、子どもにも参加させてあげたい!と思いました。

自分の中の体験が次々に浮かび、言葉になるのか?と不安になりつつも発言してみると、すごく心地よかったです。これは一度体験するとクセになりそうです。

日常の中にも取り入れていきたいと強く思いました。

次回は『かわをむきかけたサトモちゃん』えぐちよしこ 文 織茂恭子 絵 アリス館
を読んで対話に入ります。事前に読んでくる必要はありません。

【日 時】2021年1月12日 火曜日 10:30~12:30 
【場 所】子育てkitchen白山スタジオ(文京区白山5-33-1石津ビル202)
     ※都営三田線 白山駅EV出口から徒歩1分
【参加費】1,000円(税込) ※事前振込
【対 象】どなたでも/コロナ対策のためにマスクや手洗い等にご協力をお願いしています
お子さんのお迎えの時間などの関係で、ランチを食べたい方はお弁当などご持参ください。
【定 員】5名 
【ファシリテーター】大久保徳久子

子育てkitchenでは、講師と参加者で思ったことどんどん言える対話式の絵本講座を開催。この「絵本でゆるっと哲学対話」も自由な場にしたいです。
話すことが目的ではなく、考えることが目的ですから、話さないで聞くだけでもいいんですよ。

※キャンセルポリシーをご確認ください